さっきのチャンスは、もうピンチ

ポケモン関連で思ったことをつらつらと・・・

【ポケモンSM S5使用構築】眼鏡テテフ入り対面構築【最高2017最終1966】

【初めに】
レイクです。
皆さんシーズン5お疲れ様でした。
大した結果は残せていないのですが、一応2000到達ということで、使用構築について書きたいと思います。目を通して下さると幸いです。

※参考記事のリンク許可を頂いていないので、問題があれば削除します。

 

以下、常体

 

【構築経緯】
これまでサイクルパを使うことが多かった私だが、一試合にかかる時間の短縮を図りたかったこと、一度使用してみたいという思いから対面構築を考えることにした。
対面構築についての知識が「一対一を3回繰り返して勝つ構築」ぐらいしかなかったため、「ポケモン 対面構築 組み方」で検索してみたところ高松さんの記事(下記参照)がヒットしその考えを元に組むことにした。

対面パの構築について【雑記】:とある紙剣使いのブログ - ブロマガ

 

また当時眼鏡テテフを使いたい衝動に駆られていたため崩し枠に眼鏡テテフをまず採用した。
次にテテフのサイコフィールド(先制技無効)を生かすことの出来るメガとして高速アタッカーであるメガゲンガーを採用した。
次に襷枠を考え祟り目ゲンガーと相性の良い襷モロバレルを当初考えていた。(後に襷ガッサに変更)
受け枠は電気の一貫切り、ゲンガーとの相性からカバルドンを採用した。
ミミッキュ枠は使ってみたいという思いからHABミミッキュを採用した。
最後にもう一つの崩し枠であるが、水打点が欲しかったこと、カグヤを起点に出来る駒が欲しかったこと、また使ってみたかったことから飛行Zギャラドスを採用した。

このようにしてテテフゲンガーバレルカバミミッキュギャラドスになったがSDで回したところラス1性能がバレルになかったため、選出が歪むことが多くラス1性能も高いガッサをバレルの代わりに採用し、構築が固まった。
 

【並び】


f:id:reiku_009:20170912110522j:image


 メガギャラに見えたらいいなぁという思いからカバギャラミミテテフガッサゲンガーの順に並べた。

 

 

【個別解説】


f:id:reiku_009:20170912113035j:image

カバルドン@オボン 腕白 砂起こし
実数値 215(252)-132-151-×-124(252)-68(4)
技構成 地震 欠伸 ステルスロック 吹き飛ばし

 

起点作りも出来、地面の一貫も切れる駒。技構成はこれで完結していると思うが持ち物、調整は一考の価値がある。今回はコケコの草結びを持ち物込みで二耐え出来るためオボンの実を持たせ、リザYの乱数を甘えても数値が高くなる腕白を採用。

 


f:id:reiku_009:20170912113044j:image

ギャラドス@ヒコウZ 威嚇 陽気
実数値 171(4)-177(252)-99-×-72-120-146(252)
技構成 滝登り 飛び跳ねる 挑発 竜の舞

 

テンプレ気味のヒコウZギャラ。カグヤを起点にして欲しかった駒である。
挑発と身代わりは選択だと思うが、トリルやバトン、カバルドン展開に刺せる挑発を採用した。

カグヤを起点に出来る駒だと思っていたがエアスラが飛んできたり、放射で火傷引いたりと削ることは出来ても起点にするのは難しかった。

 

 

 
f:id:reiku_009:20170912113051j:image

ミミッキュ@フェアリーZ 化けの皮 意地
実数値 155(196)-143(156)-119(148)-×-126(4)-117(4)
技構成 じゃれつく シャドークロー 剣の舞 影打ち

 

所謂、HABミミッキュ(ABミミッキュ?)。ggったら普通に出てくる調整だと思う。使ってみたかったから採用したが、ASミミッキュとは一長一短であると感じた。特にvsキノガッサギャラドスマンムーミミッキュ(ワンチャンすら残らない)がキツかった。
 

 


f:id:reiku_009:20170912113105j:image

カプ・テテフ@こだわりメガネ サイコメーカー 控え目
実数値
175(236)-×-117(172)-176(76)-136(4)-118(20)
技構成 サイコキネシス サイコショック シャドーボール 気合玉

 

HBベースで対面性能を高めた眼鏡テテフ。技構成はメインウェポンのキネシス、瞑想積んだりチョッキ持ったりしてるポケモンに打てるショック、ガルドやグロスに打てるシャドボ、鋼への汎用的な打点になる気合玉。
ムンフォを切っているが、バルジとブラッキーがいるとき以外で不便はなかった。
調整は下記参照。

HBベース眼鏡カプテテフ|ゲームエイト 

 


f:id:reiku_009:20170912113112j:image

キノガッサ@気合いの襷 テクニシャン 陽気
実数値 135-182(252)-101(4)-72-80-134(252)
技構成 種マシンガン マッハパンチ 岩石封じ きのこの胞子

 

テンプレ。ゲンガーを抜ける陽気だが、相手のガッサが重いためマッパ2耐えの調整をした意地個体でも良かったかもしれない。

 



f:id:reiku_009:20170912113126j:image

ゲンガー@メガストーン 呪われボディ→影踏み 臆病
実数値 149(108)-x-82(12)-167(132)-96(4)-178(252)
技構成 祟り目 ヘドロ爆弾 身代わり 鬼火

 

鬼火祟り目ゲンガーのテンプレ技構成。
鬼火の命中が勝敗を左右すると言っても過言ではないほど鬼火に依存している。
命中不安から鬼火祟り目である必要はないのではないか?と途中から感じていたが他の個体の用意が面倒だったためそのまま。変えるのであれば、シャドボヘド爆身代わり道連れにすると思う。

調整は下記参照。

【SM】メガゲンガーの調整【鬼火祟り目】 - 時雨絵巻

 


【選出パターン】
決まった基本選出はなく刺さっているポケモンを選出する。一応選出の指針を下記に示す。

vs攻め思考(対面構築系)のPT
カバミミガッサゲンガーから2体ないし3体、残りはギャラテテフから。

vs受け思考(サイクル系)のPT
カバは選出しない。
ギャラテテフから1体ないし2体、残りはミミガッサゲンガーから。

 

以下、敬体


【結び】
初めて対面構築を使ってみましたが、一試合当たりの時間やターンが短くストレスフリー且つプレミ数を減らして戦うことが出来たように思います。一方で、選出を間違えるとどう頑張っても勝てなくなるためサイクルとは違う難しさもありました。
この構築の話をすると、不安定要素を多く抱えている(催眠ターン、鬼火、気合玉)ため安定しないことが精神的にキツかったです。
最終日に2100を目指そうと頑張りましたが、全然ダメで最後には草笛甘えるリーフィアに実質3タテされるということもあり撤退しました。来シーズンこそは2100行きたいと思います。

最後になりますが、対戦してくださった皆様ありがとうございました。

 

最高レートの時の証拠がないので初めて2000に乗せた時のPGLのスクショを載せておきます。


f:id:reiku_009:20170912113617j:image

 

何かあればTwitter(@cyborg009x)まで

 

その運負け、プレミのせいじゃないですか?

レート終盤間際になると増える運負けツイート…………(ぼくもたまにするけどね)。

ぼくは思いました、果たしてそれは本当に運が悪いことだけが原因でしょうか?他にも原因はありませんか?と
勿論、運が悪いことは認めますがその結果はプレミが誘発したものではないのか?プレミしなければ運負けしなかったなではないか?ということです。

運負けを少しでも減らすためにそして何より勝つためにはプレミをしないことが大切だと思うので、プレミを誘発しそうな(おそらく初心者が見落としていそうな)事柄を以下に列挙しましたので目を通してくれると嬉しいです。
※ここでいうプレミは単純に押し間違いなどではなくポケモン対戦中の立ち回りなどの勝ち筋を狭めるor負け筋を広げる行動選択を指すものとします。


【プレミを誘発しそうな事柄】

・同一の持ち物を考慮する。
ex.パルシェンが襷消費したのに、後続で出てきたガッサの襷を考慮する。

・もうメガしている(Z打っている)のに別のメガ(Z)を考慮する。
ex.ガルーラがメガしたのに後続のゲンガーのメガを考慮する。

・特性や同一ターン交換際のS判定をしない。
ex.最速マンダとテテフ対面でテテフのサイコメイカーが先に発動したのにスカーフ確定しない。

・S勝っているのに威力の低い先制技を選択する。
ex.ミリ残りのカバルドンに対して(シャドクロ搭載)ミミッキュで影打ちを選択する。

・どちらでも落ちるのに命中の低い技を選択。
ex.お互いラス1でミミッキュとミリ残りカバ対面でシャドクロではなくじゃれつくを選択する。

・必要以上に積み技を選択。
ex.さざめき/羽休め/蝶の舞 ウルガモスでHBスイクンを起点にしてて4舞さざめきでスイクンを落とせるのにそれ以上積む。(裏のポケモン非考慮)

・一回身代わりの択を取れるのに取らない。
ex.シャドボ/身代わり ゲンガーとミリ残りの宿り木テッカグヤ対面でそのままシャドボで突破する。(ゲンガーのHPを残した方が良い場合はこの限りではない)

・ダメージ幅でありえない型を考慮する
ex.HBカバルドンマリルリのじゃれつくが半分近く入った(ハチマキ確定)のに技の切り替えを考慮する。

・叩きの持ち物からありえない型を考慮する
ex.スカーフを叩いたガブリアスの剣の舞を考慮する。

・宿り木のHP回復量からありえない型を考慮する。
ex.ボーマンダへの宿り木のHP回復量が21なのに慎重マンダなど耐久マンダを考慮する。

 

 

ここに記載した例以外にもプレミを誘発しそうな事柄はあると思いますが、ざっと思い付くのはこんなものでした。
実際の対戦ではこれらの事柄が複雑に絡み合っていることが多いと思います。
(ちなみに持論ですが、ある程度完成度が高いPT(趣味パ除く)であればプレミ0で対戦数を重ねれば2000は達成出来ると考えています。)

一つ一つこのような事柄を減らしてプレミを0にしたいですね!そして運負けの減少、レートの向上を狙っていきましょう!
シーズン終了まで残り僅かですがレート対戦を楽しみましょう。駄文失礼致しました。

何かあればTwitter(@cyborg009x)まで

【第10回りるおふ優勝構築】カバ展開偽装マンダウツロ

【初めに】
お久しぶりです!レイクです。
8/11に開かれた第10回りるおふに初めて参加し、優勝しました。
運に助けられた部分もありますが、優勝することが出来て嬉しいです(^o^)

というわけで、使用構築について書きたいと思います。目を通して下さると幸いです。

 

以下、常体

 

【構築経緯】
そもそもオフ会用にはPTを組んでおらず、レート用にPTを組んだ。

何かの記事でマンダ+スカーフウツロの並びが強いと目にしてこの二匹からスタート。
基本選出にZが欲しいこと、どんなポケモンにも一定以上の削りを入れられること、行動保証があり切り返しが出来ることから呪いゴーストZミミッキュを採用しこれを基本選出とした。

そして残り3体がしっくり来るものが見つからず知り合いのカーリーさんに欲しい要素を満たす残り3体考えてくださいと投げたところジバコ、カバ、残飯スイクンの回答をもらい6体が決定。
そこからShowdown、レートなどで性格、特性、持ち物、技構成などを調整した。

 

【並び】
f:id:reiku_009:20170812140337j:image

 

【個別解説】

カバルドン
カバルドン@ゴツメ 腕白 砂起こし
実数値 215(252)-132-187(252)-×-92-68
技構成 地震 氷の牙 毒々 怠ける

 

一部を除く物理全般に対する駒。
メインウェポンの地震と物理受けの役割上怠けるは確定。残り二枠だが、マンダがきつかったので氷の牙、耐久ポケモンを誤魔化すための毒々を採用した。
カバマンダミミッキュと並べることでカバ起点の積みサイクルに見える効果もあったらしい。
選出 6/10

 

ボーマンダ

ボーマンダ@メガストーン 威嚇→スカイスキン 陽気
実数値 189(184)-171(124)-101(4)-×-112(12)-184(220)
技構成 八つ当たり 竜の舞 身代わり 羽休め

 

唯一のメガ枠でエース。技構成はよくあるやつなので割愛。鋼全般を起点にしたいと思い、エアスラカグヤなどもワンチャン起点に出来る慎重マンダを採用する予定だったがPT全体でガブリアスがきつかったことから陽気で採用した。結果オフではジャローダルカリオの上から殴ることが出来、この選択は正解だったと思う。
調整は下の記事を参照。

megagoukazaru.hatenablog.jp


選出 9/10

 

ミミッキュ

ミミッキュ@ゴーストZ 化けの皮 意地
実数値 159(228)-135(100)-104(28)-×-126(4)-135(148)
技構成 シャドークロー 呪い 挑発 影打ち

 

行動保証を持つことができ、削りも入れられる駒。
相手の鋼がきつかったのでシャドクロ採用のゴーストZ。
技は先制技が欲しかったため影うち、害悪メタで呪い、もうひとつは何でも良かったがいざというときに役立ちそうな挑発。
調整はメガギャラの+1滝登り高乱数耐え、レヒレのC特化ドロポンZ耐え、最速ガッサ抜き、残りA。
ちなみに陽気でも同じ数値に出来るはずです。
選出 1/10

 

ウツロイド
ウツロイド@こだわりスカーフ ビーストブースト 臆病
実数値 185(4)-×-67-179(252)-151-170(252)
技構成 ヘドロウェーブ パワージェム 草結び 10万ボルト

 

リザ、ガモス、レボルトに対する駒兼ストッパー。
技構成はヘドウェ、ジェム確定でラグやカバに打てる草結び、鋼への打点として10万。
選出 4/10

 

ジバコイル

ジバコイル@ラムのみ 磁力 控えめ
実数値 145-x-135-200(252)-111(4)-112(252)
技構成 ボルトチェンジ ラスターカノン めざめるパワー炎 エレキネット

 

3つ地雷要素を持つポケモンにして流行らせたいポケモン
カグヤやナットなどを狩りウツロイドを通すための駒。
水への打点を持ち、対面でミミッキュに強く、選出画面でテテフに強い。
詳細は下の記事を参照。

reiku009.hatenablog.com

選出 2/10

 

スイクン

スイクン@食べ残し プレッシャー 図太い
実数値 205(236)-×-154(36)-110-135-135(236)
技構成 熱湯 瞑想 身代わり 守る

 

マンダを受けに来るポリ2やクレセなどを起点にする駒。
レヒレやコケコにフィールドを張られると眠ることが出来ないこと、PP枯らしやZ透かしなどが行えることからノイクン。
毒と瞑想で迷ったが鋼タイプの居座りが面倒だったため瞑想を採用。
調整はよくある身代わりが無振りグライの地震を耐えるやつ。
選出 8/10


【選出パターン】
基本選出(ミミッキュ+ウツロイド+ボーマンダ)の対応幅があまり広くないことからこの選出をすることは少なく、刺さっているポケモンを出していた。
サイクルの中で削りを入れて、マンダorウツロを通していくことが多かった。

 

以下、敬体


【結び】
優勝という結果を得ることは出来たものの基本選出をあまり行えない点からこの構築は構築が強いのではなく個々のポケモンが強いだけの構築だと思っています。(特にスカーフウツロイド、瞑想ノイクン)
なので、同じ並びを使うとしても対応幅のある基本選出を持てるようにカスタマイズする必要があるのかな?と考えています。(例えば、カバ起点のマンダ、ミミッキュの積みサイクル または、カバウツロの受け回しの毒びしパなど)


最後になりますが、
ミミッキュ+ウツロイド+ボーマンダの並びから残り3体を考えて下さったカーリーさん。
6体決まってからPTの微調整をして下さったりょうたさん。
ブログリンク許可を下さった割りばしさん。
そして、りるおふで対戦してくださった方、応援してくださった方、なによりこういった場を作ってくださった運営のりるたそさん、しろがねさん、かっちさんに深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 

何かあればTwitter(@cyborg009x)まで

 

【ミミッキュ意識】地雷型エレキネットジバコイル

りるおふで優勝した構築でも使った地雷要素を3つ仕込んだジバコイルについて自信作なので紹介したいと思います!


f:id:reiku_009:20170812112605j:image
ジバコイル@ラムのみ 控えめ 磁力
実数値  145-x-135-200(252)-111(4)-112(252)
技構成 ボルトチェンジ ラスターカノン めざ炎 エレキネット

 

【地雷要素】
仕込んだ地雷要素が以下の3つです。
・磁力+めざ炎による鋼タイプ狩り
・ラムのみによる催眠耐性(主に対キノガッサ)
・エレキネットからのラスターカノンによる対面でのミミッキュ処理

 

 

1つ目
よくある地雷要素なので割愛します。


2つ目
元々このポケモンはZを持っていたのですが、思ったより必要な場面が少なかったこと、行動保証がなく抱え落ちすることが多かったことから別の持ち物を探していました。
そこで色々と構築記事を漁っていたところラムのみを持たせていた人がおり、PT的にも胞子の一貫があるため、キノガッサ対面このポケモンで胞子を受けボルチェンで後続に繋ぐ動きが強いと思い採用しました。
ちなみに防塵ゴーグルではないのは素催眠ゲンガーが嫌であるため、カゴのみではないのは熱湯に対して繰り出すこともあり定数ダメを嫌ったため、また一回の対戦で火傷と催眠両方受けることはないだろうと考えたためです。

 

3つ目

これが今回一番おすすめする地雷要素です。
そもそもエレキネットという技を知らない人も多いと思います(私は変化技だと誤解してました)ので簡単に説明すると下のようになります。


f:id:reiku_009:20170812112336j:image

ここで重要となるのが、凍える風や岩石封じ同様攻撃しながらSを下げることが出来る点です。これはつまりミミッキュの皮を剥ぎつつ次のターンに上から殴れる可能性があるということです。
私自身、ミミッキュからの被害を極力抑えつつ突破できる非メガの駒として以下の要素が欲しいと考えていました。
ミミッキュのZ + 影うちでとばない
・S変化技攻撃技を覚えてS変化でミミッキュを抜ける
ミミッキュを確一に出来る(無効化されないZならあり)

この条件を満たすポケモンは思ったより少なく
トノ、スイクンミロカロスエンペルト(いずれも凍風+ミズZドロポン)、霊獣ランドロス(岩石封じ+飛行Z空を飛ぶ)、ヒードラン(岩石封じorニトチャ+ラスカ)、ジバコイル(エレキネット+ラスカ)くらいです。
多分抜けてると思うので他にもいたら教えてください。

 

ちなみにですが、最速、準速ミミッキュのS実数値が162、148ですのでS一段階変化で抜くために必要な数値は109、99となります。
この準速ジバコイルであればエレキネット後最速100族まで抜くことが出来ます。


【調整意図】
エレキネット後に最速100族まで抜けるため準速、耐久ミミッキュへの乱数の変化を嫌いC特化としていますが、この辺りはPTや持ち物によって各々調整してください。


【最後に】
ここまで地雷要素を詰め込む必要はないとは思いますがエレキネットジバコイルは可能性があると思うので皆さんどんどん使ってみて下さい!流行ったら起源主張します!!

りるおふ使用構築記事はもう暫くお待ち下さい。

書きました。良かったら目を通して下さい。

reiku009.hatenablog.com

 

何かあればtwitter(@cyborg009x)まで。

【ポケモンSM S3使用予定構築】スピヒトムナット

シーズン3使用予定のメガスピアー軸の脳内構築です(予定は未定)
恐らく、このまま使うことはないので就活の息抜きがてら公開


スピアー@メガ石
とんぼ 毒づき 叩き ドリライ

ヒートロトム@残飯
放電or10万 めざ氷 鬼火 身代わり

ナットレイ@ゴツメ
ジャイロ タネマ 宿り木 ステロor守る

ボーマンダ@メガ石
飛行技 炎技 @2

カプ・レヒレ@水Z
ハイポン ムンフォ 挑発 怒り

ドサイドン@襷orチョッキ
地震 ロクブラ ステロorドリル メタバ



課題・要望
・スカーフテテフに弱い
ルカリオを舐めてる
・マンダ以外のナットレイ処理ルートが欲しい
・先制技が欲しい
・トリルが欲しい
・ゴーストの一貫切りたい
そもそも、スピアーナイト持ってないorz


誰か使って使用感及び改良案下さいm(_ _)m
何かあればTwitter(@cyborg009x)まで

バシャテテフレボルト Ⅰ

サイコフィールド下のバシャーモ最強やん!それに相性補完の良いレボルトいれたらマジで強い(こなみ)っていう記事

型の豊富さからバシャテテフレボルトという並びが崩せる気がしないので考察する前に、バシャーモ、カプ・テテフ、霊獣ボルトロスのそれぞれ現状想定しうる型を列挙
気が向いたら、Ⅱとしてこの中から考えうる組み合わせや対策を書こうかと思います
(現状対策らしい対策がトリルしかないのはやばい・・・)



バシャーモ

http://sp.raky.net/pokemon/poke/sm/n257.gif

1.3W守るアタッカー(各Z(炎Z、電気Z)、襷、珠、(メガ))
配分 ASベース

確定 フレドラ 膝 守る 

その他 叩き カンチ エッジ

2.剣舞アタッカー(各Z、襷、珠、(メガ)
配分 ASベース

確定 フレドラ 膝 剣舞
その他 カンチ エッジ 叩き 守る

3.両刀(珠)
配分 CSベース

膝 オバヒor文字 めざ氷 守る

4.アタッカーバトン(メガ)
配分 ASベース

確定 フレドラ 膝 バトン 守る

5.補助メイン(オボン、弱点保険、(メガ))
準確定 守る バトン
その他 格闘攻撃技 炎攻撃技 鬼火 身代わり

6.日本晴れソラビ(弱点保険)
配分 HBCDS調整

放射 ソラビ 日本晴れ 守る



カプ・テテフ

http://sp.raky.net/pokemon/poke/sm/n786.gif


1.スカーフアタッカー(スカーフ)
配分 CSベース
確定技 サイキネ(orショック) ムンフォ
その他 シャドボ 10万 気合い玉 めざ炎 自然の怒り 

2.眼鏡アタッカー(眼鏡)
配分 CSベースorHCベース
技 同上

3.非拘りアタッカー(珠、各Z(エスパーZ、電気Z、ゴーストZ))
配分 CSベースorS調整HCベース
技 同上

4.崩しとしての駒(オボン、各Z(エスパーZ、電気Z、ゴーストZ、カプZ))
配分 S調整耐久ベース
確定技 サイキネ
その他 同上 + 挑発 身代わり 瞑想
・2W身代わり瞑想
・2W自然の怒り挑発


霊獣ボルトロス

http://sp.raky.net/pokemon/poke/sm/n642a.gif


1.スカーフアタッカー(スカーフ)
配分 CSベースorS調整HC
技 
確定 10万、ボルチェン
準確定 気合い玉、めざ氷
その他 草結び、サイキネ

2.眼鏡アタッカー(眼鏡)
配分 HCorCS
技 同上

3.耐久チョッキ(チョッキ)
配分 HCDS調整
技 同上

4.4Wアタッカー(珠、各Z(電気Z,格闘Z))
配分 CS
技 同上

5.高速移動型(弱点保険)
配分 HBCDS調整

確定技 10万 高速移動
その他 同上

6.悪巧みCS(珠、各Z)
配分 CS

確定 悪巧み 10万 
準確定 気合い玉
その他 サイキネ 草結び めざ氷

7.悪巧み耐久(オボン、各Z)
配分 耐久調整
技 同上



個人的にはメガバシャ解禁前提だと

バシャーモ@メガ ASベース
フレドラ膝守るサブウェポン
カプ・テテフ@エスパーZ HCS
サイキネ ムンフォ 挑発 自然の怒り
霊獣ボルトロス@オボン 耐久調整
10万 気合い玉 サイキネ 悪巧み

辺りで使ってみたいなと思ってます



雑な更新ですみませんm(_ _)m

構築の組み方の指針

様々なブログや記事を読んで思った構築の組み方の指針をメモがてら殴り書きしておきます


有名な並びを崩せるポケモン
有名な並び一覧:
有名な(受け)ポケモンで止まるポケモンを複数体入れない

決定力<クッション<崩し<決定力

2z+2メガ+2行動保証
(全て行動保証を持つべき)
※当然、選出の幅が狭まりすぎる場合はこの限りではない


行動保証は持ち物、特性、ステータス(種族値努力値)

行動保証:持ち物
・耐久:チョッキ、輝石
・素早さ:スカーフ
・その他:襷

行動保証:特性
・耐久:
・素早さ:加速、すいすい系統(単体で使えないから弱い?)
・その他:頑丈、化けの皮

行動保証の観点から、行動保証出来る持ち物を持たない4倍弱点ポケモンは使わない方が無難か?
役割対象ポケモンの繰り出し際に受ける技+役割破壊(あるいは等倍)Zを耐えれば、特性、持ち物によらず行動保証があると言える?

2z+2メガ+2行動保証の場合、選出パターンは8通り(先発考慮だと24通り)
相手目線だと(メガ枠2が確定、Zは誰が持っているかは不明)12(36)通り

理想は、
基本選出:メガ1+Z1+行動保証1
裏基本選出:メガ2+Z2+行動保証2
かつ、メガorZのそれぞれ同時選出はしたくならない(役割が被っている)
かつ、メガ、Z、行動保証が相性保管などが取れていること

ただ、メガ枠の役割被りは相手目線での対策の容易さを意味する
また、Z枠の役割被りによるZ特定が比較的容易になる可能性